よくある質問

FAQ

ホーム > よくある質問

多くいただく質問を紹介

こちらでは、芝生のことについて多くいただく質問についてQ&A方式でお答えします。
そのほかの質問も、お気軽にどうぞお問い合わせ下さい。

Q.芝生にすると、維持管理が大変ではありませんか?
A
どんな芝生でも、維持管理に必要になってきます。水やり、肥料やり、芝刈りなどの管理が必要になってきます。
芝生も植物です。お庭にお花が咲くように、芝の生長も楽しみながら維持管理をするご提案を行っています。
維持管理が面倒なお客様には、メンテナンス契約も行っていますので、お気軽にご相談下さい。

Q.芝生のメンテナンスはどのような事をするのですか?
A
芝生のメンテナンスには、芝刈り・施肥・害虫駆除・目土掛け・エアレーション・ブラッシング・水やりなどがあります。
方法など詳しく説明させていただきます。

Q. 芝張り後の養生期間は、だいたいどのくらいの期間がかかりますか?
A
土壌の上にマット芝を並べて施工をおこなって行きます。敷いたばかりでまだ根がついていない状態の場合に走り回ったり、寝転がったりするとマットがズレるということがあります。張った時期にもよりますが、生育旺盛なときであれば1~2ヶ月もすれば走り回っても大丈夫な状態になります。

Q.カープラリア葉枯病とは?
梅雨期と秋期に小さなパッチ状に発生し、初期には茎葉は直径5~10㎝の淡褐色や黒褐色を呈する。病気が進むとパッチは融合し、不整形となり、激発すると芝生全体が枯死します。

Q.ラージパッチ病とは?
ラージパッチ菌によってもたらされる病害で、春と秋の年2回の発生が認められ、茎葉が赤褐色を呈し、地際から引き抜ける。芝地での発病は、環状や帯状に進展し、発病が激しい時には芝生が裸地化する。ラージパッチ菌が侵害する芝草は、日本芝に限られます。

Q. 年間通して緑の芝生にしておくことはできますか?
A
可能です。オーバーシーティングをすれば、年間を通して芝生を楽しめます!

Q.オーバーシーティングとは?
A
冬に休眠する(冬枯れする)コウライシバなどの暖地型の芝の上に、冬に枯れない寒地型の芝の種子をその上に播き、冬の間緑に保つための技術です。冬季に芝生を緑で維持するほか、踏圧によるすり切れや雑草発生を抑制することができます。

メールはこちら